読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そもそも本当に個人情報をデータベースに保存していいのか

Kazuho's Weblog: Heartbleed脆弱性と、その背後にあるWebアプリケーションアーキテクチャの一般的欠陥について

今年最も気になった記事です。

にもかかわらず、ウェブ関連のソフトウェアにおいては同原則を用いずに、安全性の根拠をプログラムにバグがない点に求めるという悪しき慣習が続いています。特に、機能別の権限分離はまだしも、アクセスユーザー別の権限分離については系統だった実施例が非常に少ないという印象をもっています。

たとえば、SQL Injectionに代表されるSQL関連の情報漏洩も、アクセス制御にRDBMSのアクセス制御機構を用いず、アプリケーションプログラム内のSQL(とそのエスケープ)が正しく記述されている点に、安全性の根拠を求めているが故に発生しているわけです注1。

ここでDJBの名前を出したのは、ずっと前から気になっていたこの記事を思い出したからです(もしかしたら若い人はDJBとかqmailとか知らないかもしれないけど)。

セキュリティに関するいくつかの考察 - qmail 1.0 から十年 (Some thoughts on security after ten years of qmail 1.0)

この中でDJBは、セキュリティホールを無くするための取り組みの一つとして、「信頼されたコードをなくす」というのを挙げています。

「信頼されていない」というのは、 これらの檻の中のコードは — 何をしようと、どんなに悪いふるまいをしようと、 どれほど多くのバグがあろうと — ユーザのセキュリティ要求を 侵犯できないという意味である。

一般的なWebアプリケーションでは、全てが「信頼されたコード」として作られているように思います。

SQL Injectionされないように実装することは当然重要ですが、 SQL Injectionが可能になったくらいですべてのデータが丸見えになってしまうようなアーキテクチャというのは、 Webサーバーをroot権限で動かしているのと同じような危険を冒しているのかもしれません。

例えば原始的なWikiのように、誰でも同じデータを参照できて編集できるようなWebアプリケーションであればこれで問題はありませんが、 現在の多くのWebアプリケーションは、そうではなくなってきています。 にもかかわらず、アーキテクチャは変わっていません。

ではどうするべきなのか。今すぐには解決策は思いつきません。 データベース側で何かをすることが難しければ、レイヤを一つあげて、ORMあたりが常にユーザーの権限を意識するような作りは可能かもしれません。あと詳しく見てませんが最近Googleに買収されたFirebaseなんかは面白そうだなと思っています。