読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kindle(for PC)の書体いろいろ

Kindle買っちゃおっかなぁと思いながら、Kindle for PCでamazon.comの色んな本のサンプルを眺めてます。で、結構本によって組版が違うんだなぁということに気付きました。

オライリーの本には最初の方に「Conventions Used in This Book」、和書だと「この本の表記」というのがあるんですが、「JavaScript: The Good Parts」だとこんな感じ。

本文はセリフ体。

同じくオライリーの「HTML5: Up and running」

本文がサンセリフ、Italicはそのまま(サンセリフのItaricってそういうものなのかもしれない)。

この2冊はまあわりと読みやすそうな感じだったんだけど、買っちゃおっかなぁと思ってたAddison Wesleyの「xUnit Test Patterns」は、本文とソースコードが同じ書体で読み辛そう。

同じくAddison Wesleyの「Domain Specific Languages」はソースコードが画像として扱われているのか、フォントを大きくしてもソースコードのフォントサイズは変わらなくて悲しい感じです。

フォントを大きくしてみた時の例。