読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OSC2015北海道で「phpspecで学ぶLondon School TDD」という発表をしてきました

見た目を重視してこんなタイトルにしてみましたが、基本的には私が「実践テスト駆動開発」と「phpspec」をどう解釈したか、というような内容になっています。

45分あってもなかなか伝えるのが難しいテーマだったのですが、とりあえず時間厳守はできてよかったです(一部デモを飛ばしてしまいましたが)。

www.slideshare.net

いくつか補足を。

伝えたかったこと(あるいは上手く伝えられなかったかもしれないこと)

  • 外から中へ、あるいは依存関係の上から下へ実装することで、上位が下位に要求するものが明確になる。
  • setFoo()のような、プライベート変数をセットするだけのメソッドであっても、それは外から観測できる何かに影響を及ぼすはず(影響を及ぼさないのであればそのメソッド自体不要)。その外から観測できるものをモックを使ってテストできるれば、テストのためだけにgetFoo()を追加する必要は無くなる。

QAより

補完について

Specの書き方が特殊なため、Spec内ではIDEの補完がほとんど効きません。調べてみたところ、部分的には@mixinアノテーションを使って補完させることができるようです。

f:id:iakio:20150614155113p:plain

PhpStorm & phpspec | Dimitrios Savvopoulos

しかし、この先のshouldReturn()などは補完することができません。

タイプヒントについて

身内でリハをやったときに、「仮実装を作るときに何故タイプヒントを付けてくれないのか」という質問がありました。

    // このような仮実装を生成するが
    public function toHtmlFromReader($argument1)
    {
        return '<p>Hi, there</p>';
    }

    // なぜこのようにしてくれないのか
    public function toHtmlFromReader(Reader $argument1)
    {
        return '<p>Hi, there</p>';
    }

これについては議論があったようですが結果的にphpspec自体ではRejectされ、extentionで実装されています。

雑感

私は主にLaravel方面をWatchしていますが、ここ最近のPHPフレームワークは、Composer、PSR、PimpleライクなDIコンテナの発明を経て、HTTPからのアプリケーションの分離みたいな方向に向かっているように思います。Laravel方面ではDDD、CommandBus、CQRS、Event Sourcingといったキーワードが注目されているようです。

そしてこれは、Rails likeなアーキテクチャからの決別でもあります(Railsがダメだというのではなく、PHPRailsの真似をするのは無理があるという意味です)。

このような方向性に、phpspecはマッチしているのではないかなという気がしています。