読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりなき断絶

そのときの共通する殺し文句が、「新聞、テレビなどのメディアを敵に回すと政権が長く持ちませんよ」というものだったという。

なら仕方が無いよね。つまり、政府会見を記者クラブ以外にも解放したところでそれを求めているのはごく一部の人だけだし、機嫌をそこねた既得権メディアの飛ばし記事に踊らされちゃうようなのが大半の有権者なわけだ。損得勘定を考えれば当然の判断だ。

ネットメディアがナメられてるなんて話じゃない。民主党に怒るもの失望するのも勝手だけど、それだけじゃ何も変わらない。

だから上杉さんも、民主党に失望なんかしてないで、「政府会見をオープンにするのは民意だ」と言える日がくるまでがんばって下さい。ただ記者クラブを敵に回すには上杉さんじゃちょっと地味かな。小泉純一郎的な、「言葉の意味はよくわからんがとにかくすごい」人じゃないと民意は動かないかもしれない。けどそのメッセージの伝達役がいないのがなぁ。

ちょっと追記。

政府会見をオープンにするのは大きな意味のあることだけど、今回のこの件に失望してる人は、つまり民主党にソレ以外期待してなかったんじゃないかな。まあ僕もわりとそうだけど。

「この歴史的決断さえできれば後は民主党はどうなってもいい」くらいの決断してくれればそれは英断だけど、もし僕が政治家で、日本のためにやりたいことがあったとして、そのために記者クラブを敵に回すことがマイナスだったとしたら、まぁ必要悪だと思うかもしれないなぁ。

と、ひねくれ物なんで擁護してみました。あーあ。